銀行と消費者金融 どちらが良い?

銀行と消費者金融に持たれているイメージ

お金を借りると言う意味では、銀行も消費者金融もそれほど変わりないように思えますが、世間でのイメージは随分違います。どちらもローンであることに変わりはないのに、銀行は安全で消費者金融は危険と言う認識をしている人がとても多いですが、これはなぜなのでしょうか。

銀行ローンの方が低金利だけど

借り過ぎ・貸し過ぎを防止するための法律である貸金業法の中に、総量規制と言う制度がありますが、これは消費者金融(貸金業者)を対象にしており、銀行は対象外です。

つまり銀行は消費者金融よりも多くのお金を借りることができるのです。そうなると銀行の方が借金が膨らみやすいようですが、そもそも銀行系のローンは消費者金融と比べると驚くほどの低金利を設定しています。

加えて銀行のローンは総じて審査が厳しく、例え低金利であっても審査の時点で弾かれると言うことが多いため、小額のお金を借りるならば消費者金融に行く方が確実なのです。

限度額の違い

消費者金融の場合は総量規制の問題もあり、融資の上限を300万から500万円程度に設定していることが多いですが、銀行系のカードローンでは1000万円まで借りられると言うところもあります。

そのため、審査が厳しくても大きな金額を低金利で借りたい、かつ返せる見込みがある人は銀行からの融資を受ける方が良いでしょう。逆に、多少金利が高くても確実かつ手軽に借りたい人は消費者金融が向いています。