カードローンは事業性資金に利用できない?

カードローンは本当に使途自由?

フリーローンとして知られているカードローンですが、実は使途次第では審査に通らない場合もあります。それは、事業性資金として利用するケースです。滅多にないことではありますが、覚えておくと良いでしょう。

事業性資金として使用できない場合は、カードローンの貸付条件や注意事項を読んでみると「事業性資金はのぞく」などの文言が添えられていることが多いです。

事業性資金として利用したい場合は?

事業性資金を目的にすることを禁じているカードローンで借りたお金を事業資金にすると契約違反になります。貸金業者が全ての契約者の使途を詳しく調べることはまずありませんが、何かの拍子に事業資金にしてしまったことが知られる可能性は決してゼロではありません。

そのため、事業性資金としてカードローンを利用したいのであれば、ビジネスローンや事業者向けのカードローンを利用した方が良いでしょう。

そもそも事業性資金とは?

事業性資金を素直に受け取ると、「事業のために使う資金」ということになります。かなり幅が広くとられていますので、「これは事業性資金だろうか?」と悩むこともあるものですが、もし事業性資金ではないかと指摘を受けた時に答えに困ってしまうような使途であるなら避けた方が賢明です。

なぜ事業性使途が駄目なのかを明確に説明している業者は少ないですが、使途が事業性資金以外ならばカードローンの審査で落とされることはそうそうありません。